シータ・ぴっころ・ドラミのよこざわけい子が、声優・ナレーターになりたいあなたへ語ります ラピュタ―その夢の先へ

ホーム

ラピュタ―その夢の先へ

新学期の始まりに伝えたいこと②

新学期の第一週目に2年生に伝えたことの中から、「オーディション」の話をしましょう。

 

プロダクションへ入るためのオーディションは、「オーディションの当日」1日で決めるのではなく、1年がかりで審査が行われます。

毎週通常の授業を終えた後、時間を延長して「ナレーションのテスト」が行われ、オーディション時の参考資料になります。

「秋の合宿のプレオーディション」や「卒業公演の本番」でも審査され、

それらを踏まえたうえで、オーディション当日の点数を7~8名の審査員がつけ、その合計点で合否が決まります。

今年のオーディションはとてもレベルが高く、合格ラインの点数を引き上げざるをえませんでした。

トップで合格した人は、当スクールで2年間の勉強をしたあと、預かり所属としてもう1年勉強していた人ですが、アトリエ公演でも素晴らしい表現をし、オーディション当日の自由課題では審査員たちを泣かせました。

その人は、ジュニア所属を飛び越えて、準所属としてトップ合格。

今回は、その人のように預かり所属から準所属へ合格した人たちが多かったです。

逆に昨年ジュニア所属として合格した人たちで、点数がおよばず、準所属へ昇格できなかった人たちが多かったのは残念です。

 

以上、今年のオーディションの詳しい情報をお話ししましたが、

みなさんにとって、プロダクションへの合格は当面の目標でしょうが、それよりも大切な本当の目標は「売れるプロ」になることです。

売れるプロになったら、一流のプロ、一流のプロになったら日本一のプロ・・・と目標を高く持たないと、ビッグにはなれません。

夢を手に入れるというのは大変なこと。

資格ではありませんから誰でも手に入れられるというものではありません。

だから、「夢」なのです。

この夢は、

①夢を手に入れたいと思い続ける強い欲

②そのための努力をし続けられること

この二つがなければ手に入りません。

でも、手に入れたならば、素晴らしい生きがいと仕事の充実感、そして生活が手に入るのです。

「教え子の人たちみんなが夢をゲットしてほしい」と思いながら、私は「理想のプロダクションにしたい」という「私の夢」のために頑張っています。

 

さて、1年後はどんなオーディションの結果を報告できるでしょう。



RSS リーダーで購読する

新年度の始まりに伝えたいこと

今週は新年度の第一週目の授業です。

初めてお会いした人、春休みを経てしばらくぶりにお会いした人、

どの人も夢に向かって頑張ろうという輝きを放っています。

一年生には、

声のプロになって活躍している全ての人が、皆さんと同じ時期があったということ。

私も、皆さんと同じころ、天ぷら屋さんに住み込みで働いていて、

毎朝、天ぷら屋さんのお掃除をしながら発声訓練・滑舌の練習をしていた時期があったこと。

そしてお掃除をしながら

「こんなことをしていて、本当にプロになる日が来るのだろうか」

と落ち込む日もしょっちゅうだったこと。

ですから、これから皆さんが不安になるであろう気持ちも良く分かること。

でも、落ち込んでも決して上手くはならないこと。

不安な気持ちを救う方法は、練習しかないこと。

不安になったら、勉強すること。

そのことをしっかりと心に受け止めておいてほしい!

という話をしました。

それから花開く時期は人それぞれ違うのだから、

人との競争よりも、自分に打ち勝つこと、が一番大切なことだということ。

そして、いずれやってくるチャンスをしっかりとゲットするために、しっかりと実力を身につけておくこと。

チャンスは、夢をゲットしたいという強い思いのアンテナをしっかり張っていないと、やってこないこと。

こうなりたいという強い思いが、チャンスを呼び込むこと。

ちいさいアンテナしか張っていないと、ちいさいことしかチャンスは飛び込んでこないこと。

だから、できるだけ大きな夢のアンテナを張って、

大きなチャンスを呼び込み、

そのチャンスをゲットできるだけの実力をつける努力をし続けること、

それが大切だと話させていただきました。

自分を信じて、自分に打ち勝って、全員が是非一流のプロになってほしいと強く思いました。

私の夢は、私のプロダクションが大きくなることです。

ただ大きくではなく、全員が一流の実力を持ち、絶えず前向きの努力をし続ける人たちで構成されている、

質実ともに素晴らしいプロダクションになることです。

そのために、夢に向かって頑張っている生徒さんを、私も夢に向かって一生懸命教えています。



RSS リーダーで購読する

今日からいよいよ新学期!

今日から新学期が始まります!

今年は休む暇なく新学期に突入!といったところですが、

気力はとても充実!

準備もОK!

です!

新しい人たちにお会いするのも、とても嬉しく、楽しみですが、

その人たちの将来や人生がどーんと私の肩に掛かってきます。

その重圧をしっかりと受け止めて指導していかなくては、

と決意も新たにしています。

私のもとで学ぶ選択をした全ての人に明るい未来を!

と思いながら、頑張って教えていきますので、

みなさん、私と一緒に頑張りましょう☆彡



RSS リーダーで購読する

ブログの表紙の写真について


ブログを書き始めて、はや5回目になりました。

今日は、このブログの表紙?の写真についてお話しましょう。


綺麗な海でしょう?

この写真は娘が撮ったものです。

写っている人物は、私ではありません。

実は、私の義理の息子で、新婚旅行の時に娘が写したものです。

モルジブの海です。

気持ち良さそう!                 

娘は最高の海だったと言っています。

その最高の海へ私もいつか行ってみたいです!



RSS リーダーで購読する

来春の公演のこと

先日プロデュース公演・新人公演・卒業公演が終わったばかりですが、

もう次回の公演(秋のアトリエ公演や来春の公演)の脚本を考えなければいけない時期になりました。

うちの公演のコンセプトは・・・

時代は古代から未来まで、

場所は世界のどこでも、

悲劇から喜劇までなんでも、

ストレートプレイ、語り芝居、なんでも、

というように決まった色をつけないことです。

規制の脚本で上演できたら良いのですが、

うちは出演者が多いので、

どうしてもオリジナル作品を書かなければいけないのです。

なので、目下、来春の下準備となるアトリエ公演の「題材探し中」です。

今年は、卒業公演・新人公演・プロデュース公演を、めずらしく同じ演目で上演しました。

卒業公演と同じ作品にしましたので、とても真面目な作品でした。

ですから、次回のプロデュース公演は楽しいものがやりたいななどと、

とてもわくわくしながら考えています。



RSS リーダーで購読する

ホーム

カテゴリー
.
外部PR

ページのトップに戻る